2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.02.06 (Wed)

犬の十戒

20080205221312


「犬の十戒」って知っていますか?

1.My life is likely to last ten to fifteen years.
  Any separation from you will painful for me.
  Remember that before you buy me.
  私の寿命は、10年。長ければ15年。
  何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
  私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

2. Give me time to understand what you want of me
  あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで
  少し時間をください。

3.Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
  私を信頼して下さい......それが何より嬉しいのです。

4.Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
  You have your work your entertainment and your friends.
  I have only you.
  私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
  あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど
  私には....あなたしかいないのです。

5.Talk to me sometimes.
  Even if I don't understand your words,
  I understand your voice when it's speaking to me.
  時には私に話しかけて下さい。
  たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、
  あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。

6.Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
  私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
  あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

7.Remember before you hit me that l have teeth
  that could easily crushthe bones of your hand
  but that I choose not to bite you.
  私を叩く前に思い出して下さい。
  私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、
  決してあなたを噛まないようにしているということを。

8.Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,
  ask yourself if something might be bothering me.
  Perhaps I'm not getting the right food
  or I've been out in the sun too long
  or my heart is gettingold and weak.
  言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に
  そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
  ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか
  太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
  老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old
  私が年老いても、どうか世話をして下さい。
  私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

10.Go with me on difficult journeys.
  Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."
  Everything is easier for me if you are there.
  Remember I love you.
  最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
  「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
  そんなこと、言わないでほしい。
  あなたがそばにいてくれるなら、
  私は、どんなことも安らかに受け入れます。
  そして、どうぞ忘れないで。
  私がいつまでもあなたを愛していることを。

Author Unknown
作者不詳

というものなのですが、
犬に限らず、動物を飼っている人には
考えさせられる短編詩ですよね。
(私は何故だか泣きそうになってしまいました)

我が家の場合、
今まで以上に風太を大事にしすぎて、
より一層ワガママ犬になってしまいそうです。
(ヤバイです)


スポンサーサイト

テーマ : 犬。それもパグ犬。 - ジャンル : ペット

00:13  |  ワンコ・動物たち  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

私は初めて知りました。
動物が私達に与えてくれる言葉では言い尽くせない思いを編みこんだ短編詩ですね。
泣きそうになったのは我が家にも2人いましたよ~
ペットも子供と一緒って思っています。
犬の十戒を私のブログでも紹介させてください~
ナナゴマ |  2008.02.11(月) 21:32 | URL |  【編集】

ナナゴマさんへ

是非ナナゴマさんのブログでも
犬の十戒を紹介してください!

今度この犬の十戒をもとにした映画があるよね。
もりひろ |  2008.02.12(火) 21:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://npai.blog33.fc2.com/tb.php/208-2ee04290

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。